RedZone 2nd Edition
Search this site.
Welcome
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Selected Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Profile
RedZone2nd Edition 20代の♂
Favorite team.
  浦和レッドダイヤモンズ
  フィオレンティーナ
  チェルチー
  バルセロナ
Powered
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本 vs オーストラリア
結果:1 - 3
得点:
26m 中村
84m カーヒル
89m カーヒル
89m アロイージ

今日のスタメン
−−−柳沢−−−−高原−−−
−−−−−−中村−−−−−−
アレ−−−−−−−−−−駒野
−−−−福西−−中田−−−−
−−中澤−−宮本−−坪井−−
−−−−−−川口−−−−−−


緒戦の怖さ
前回大会では日本はベルギーと対戦。オフサイドトラップの狙い過ぎで、DFラインの裏を突かれての2失
点で、2−2のドロー。

微妙な判定
本番でもやってしまったと言ったところか。
ドイツ戦を見て「イケる」と思っていたものが、マルタ戦で脆くも崩されて、そのまま本番で露呈してしまった。

前半からオーストラリアにペースを預け、日本は比較的浅い位置からのプレッシングで対応。これは暑さとも
関係するやむを得ない対策だったのかもしれない。気温30℃近くまで上がればピッチでの体感温度は更に
上にあるだろう。緒戦という緊張感をも考えると、疲労度の蓄積は転がるように貯まっていく。

前半26分に待望の時間が訪れた。右サイドの駒野が深い位置から、後方にカバーに来た中村へ。中村はDF
を左からかわし、中を見ると、ふわりとしたボールをゴール前へ。相手DF、GK、高原、柳沢が交錯し、誰にも
触れられることなくゴールへ入り、先制。

審判の判断にもよるかもしれないが、GKへのファールを取られてもおかしくはなかった。違う審判ならキーパ
ーチャージでノーゴールの判定も有り得た。高原の腕はGKの胸を完全に押していた・・・。でも、一応ゴール
はゴール。1点は1点。

監督采配の技量
ヒディングは後半開始直後に動いた。中盤のブレシアーノに代え、より攻撃的なカーヒルを投入。さらに、ムー
アに代えて、ケネディ投入。ウィルクシャーに代えてアロイージ投入。前線のターゲットマン2人にボールを放り
込みセカンドボールを狙う、もしくは2人にポストととして後ろ向きでキープして後方から詰める中盤に捌く。至っ
て単純で、選手にも明確な采配。守備の人数を減らしてより攻撃的に行く。そういうのが選手交代で伝わってく
る。ヒディングの采配は前回の韓国を率いていた時と変わらない。DFラインの枚数を減らし、FWを投入。MFが
DFラインに入る事によって、前線のアタッカーを増やし、より攻撃的にシフトしていた訳だ。それに対応できるだ
けの選手が揃っていた。いや揃えたと言った方が良いのだろうか?ヒディングサッカーは各選手が複数のポジ
ションをこなせる事から始まっているのだ。

これに対してジーコはどうした?
負傷の坪井に代えて、茂庭の投入。これは致し方ない。3バックで戦うのが良いと判断してのことだったのだ
ろう。ただ相手のサイドはワイドだった。ここで4バックにしてサイドのケアをした方が良かったのではないだろ
うか?最終的に投入した茂庭を下げるのなら、この時点で小野を中村と並べるのも1つだ。それを柳沢に代え
ての投入には疑問を感じざるを得なかった。オーストラリアに比べて選手交代にメッセージが込められていな
いのである。今思えば、小野投入によって中盤を厚くしてキープするのが狙いだったようにも感じるが、中田を
一列上げたのは失敗だ。これによってポジショニングやマーキングにズレが生じる。ボランチとしてボール奪取
を着実にこなしていた中田から小野に変わることよってDF力が低下したのである。後半の運動量は明らかに
下がっていたし、前線の2人は特に疲労が目立っていた。ここでスピードのある大黒、玉田を同時に投入するく
らいの采配を見せてもらいたかった・・・。

やはりヒディングは策士だ。

最後の10分間で逆転
それでも、最終ラインでは中澤が体を張り、宮本がカバーに入り、川口が決定機をことごとく跳ね返し、オースト
ラリアの攻撃をシャットアウトしていたが、残り10分で集中力が途切れた。この日唯一のミスが同点ゴールを誘
発してしまった。左サイドからのロングスローに川口が飛び出してしまった。あのコースでは飛び出しの判断が
難しいだろう。ケネディが競ったボールがゴール前に転がりカーヒルの同点ゴールを献上。さらに5分後。DFの
クリアボールをPA手前で拾ったアロイージがカーヒルにパス。これをカーヒルがフリーでシュート。左のポストに
直撃しながらゴールに吸い込まれ逆転を許す。さらに3分後。混乱したDFラインを突っかけるアロイージが駒野
と1対1に。中澤、宮本のカバーも遅れ、ドリブルの突破から駒野をかわし、ゴール右に決まり、決定的な3点目
を奪われる。

後半39分からロスタイムを含めた10分で試合をひっくり返される。ゴールが決まるたびにヒディングの懐かしい
ガッツポーズを見せ付けられる。なんとも痛々しい結果となってしまった。

残り2試合
クロアチアに勝ち、ブラジルに引分け以上なら予選突破の可能性はある。

ブラジル:クロアチア○、オーストラリア○、日本▲
クロアチア:ブラジル×、オーストラリア○、日本×
オーストラリア:ブラジル×、日本○、クロアチア×
日本:オーストラリア×、クロアチア○、ブラジル▲

それにしても他力本願になってしまうのは怖いですね。
もちろんブラジルに勝ってしまえば一番良いのですよ!
| 海外サッカー | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワールドカップ開幕
単純な予想を書き綴りました。
こうだから・・・とか、誰がいるから・・・とか全く度外視しています。
本当は展望とやらをちょこちょこ書きたかったのですが、あまりにも時間がない内に
開幕を迎えてしまったので、とりあえずです。

開幕してから色々書き足すのも格好悪いので、これはこのままにしておこうと思います。

結局はブラジルを優勝にあげましたが、何の疑いもないでしょう。
これだけタレントの揃ったチームは他に見当たりません。

8強のチームは
イングランド、オランダ、スウェーデン、アルゼンチン、チェコ、スペイン、ブラジル、ウクライナ

ここの辺りが順当に上がってきてくれれば、大会は面白いものになりそうです。
ただ怖いのがアフリカ勢。前回のセネガルの様に面白いチームが出てくることをちょこっと願ってます。

得点王は「ピーター・クラウチ」。なんとなく。
あのロボットダンスが何回見れるか、それだけでも十分に楽しめるのでは?

以上です。


Group A
ドイツ/コスタリカ/ポーランド/エクアドル

.疋ぅ
▲檗璽薀鵐

Group B
イングランド/パラグアイ/トリニダード・トバゴ/スウェーデン

.好ΕА璽妊
▲ぅ鵐哀薀鵐

Group C
アルゼンチン/コートジボアール/セルビア・モンテネグロ/オランダ

.ランダ
▲▲襯璽鵐船

Group D
メキシコ/イラン/アンゴラ/ポルトガル

.櫂襯肇ル
▲瓮シコ

Group E
イタリア/ガーナ/米国/チェコ

.船Д
▲ぅ織螢

Group F
ブラジル/クロアチア/オーストラリア/日本

.屮薀献
▲ロアチア

Group G
フランス/スイス/韓国/トーゴ

.侫薀鵐
▲好ぅ

Group H
スペイン/ウクライナ/チュニジア/サウジアラビア

.Εライナ
▲好撻ぅ

| 海外サッカー | 18:22 | comments(0) | trackbacks(1) |
日本代表 vs エクアドル代表
結果:
日本 1 - 0 エクアドル
得点者:
85m 小野

南米対策とのことで組まれた親善試合エクアドル戦。
南米予選を3位で通過し、ホームではブラジル、アルゼンチンをも制して
きた国ではあるが、怪我人の関係で主力を欠いた1.5軍に近い選手層での
試合であった。
続きを読む >>
| 海外サッカー | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本代表 vs インド代表
結果:
日本 6 - 0 インド
得点者:
32m 小野
58m 巻
68m 福西
79m 久保
82m 佐藤
90m 久保

アジアカップ予選第1戦。今大会から前回優勝国の予選免除がなくなり1次
予選からの参加となった。また、大会期間が夏季オリンピックの前年に変
更された事により、予選が前倒しになっている。また、中立国開催だった
試合が、完全にホーム&アウェーになり、FIFAの定める国際マッチデーを
利用することになった。
ということは・・・、やろうと思えば海外組みも召集できるはず。
続きを読む >>
| 海外サッカー | 18:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
アメリカ遠征日本代表メンバー発表
来年1月下旬から行われる宮崎合宿と、2月10日の米国遠征の日本代表メンバー22名を発表した。代表復帰組に鈴木、久保。初召集組に長谷部、佐藤寿。

GK:
土肥 洋一(FC東京)
川口 能活(磐田)
曽ヶ端 準(鹿島)
DF:
田中  誠
村井 慎二(ともに磐田)
宮本 恒靖(G大阪)
三都主アレサンドロ
坪井 慶介(ともに浦和)
中澤 佑二(横浜FM)
加地  亮
茂庭 照幸(ともにFC東京)
駒野 友一(広島)
MF:
福西 崇史(磐田)
小笠原満男
本山 雅志(ともに鹿島)
遠藤 保仁(G大阪)
阿部 勇樹(千葉)
長谷部 誠(浦和)
FW:
鈴木 隆行(鹿島)
久保 竜彦(横浜FM)
巻誠 一郎(千葉)
佐藤 寿人(広島)

ついに長谷部が青いユニフォームに袖を通す日が来ました。
合宿でアピールしてスタメンまたは途中出場でも良い。見たいです!
| 海外サッカー | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年気になったクラブ、選手、監督 -海外編-
去年に引き続き、今年もやってみたいと思います。3(人、クラブ)ずつ
選び、ランキングにはしません。かなりの独断と偏見が入っていますの
で、その辺はご容赦願いたいです。
今年は3冠受賞者が出るくらい圧倒的な存在感を示したあの人ですね。
続きを読む >>
| 海外サッカー | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワールドカップ組み合わせ発表
■グループA(ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル)
■グループB(イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン)
■グループC(アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ)
■グループD(メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル)
■グループE(イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ)
■グループF(ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本
■グループG(フランス、スイス、韓国、トーゴ)
■グループH(スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア)

続きを読む >>
| 海外サッカー | 15:19 | comments(0) | trackbacks(3) |
日本代表 vs ウクライナ代表
結果:
ウクライナ 1 - 0 日本
得点者:
89m グシン(PK)

欧州遠征第2戦。相手はWC出場を決めているウクライナ。ウクライナと
言えば「パロンドール」シェフチェンコ。だが、前日からの発熱で出場は
なく、スタメンを見ていきなり拍子抜けする。フォーメーションは前試
合と同じく中盤をダイアモンド型に形成。中盤の底に中田浩を起用し、
左SBにはアレックス、左MFに稲本、CBに坪井が起用された。
続きを読む >>
| 海外サッカー | 13:21 | comments(0) | trackbacks(5) |
日本代表 vs ラトビア代表
結果:
ラトビア 2 - 2 日本
得点者:
05m 高原
52m 中村
67m リムクス
89m ルビンス

欧州遠征第1戦。相手はラトビア。WC出場権を逃した相手に対し
何処までやれれるかがポイント。だた、FIFAランクは下だが、されど
欧州。緊張感を持たないと痛い目にあうだろう・・・。
今遠征にはその欧州で凌ぎを削る最多9名が召集。中でも大久保、松井
が久々の代表復帰、小野もケガからの復帰とあって明るい話題も多い。
だが、紅白戦で小野が再び怪我をし、急遽松井がスタメンに入る事となった。
続きを読む >>
| 海外サッカー | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本代表 vs ホンジュラス代表
負けていたらジーコの退任騒動にもなりかねない大味な試合。
結果勝ったとしても課題ばかりが浮き彫りになった。

その辺をつらつらと書いてみたい。
続きを読む >>
| 海外サッカー | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |