RedZone 2nd Edition
Search this site.
Welcome
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Selected Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Profile
RedZone2nd Edition 20代の♂
Favorite team.
  浦和レッドダイヤモンズ
  フィオレンティーナ
  チェルチー
  バルセロナ
Powered
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Jリーグ開幕 vs ガンバ大阪
いよいよ開幕しました。
W杯イヤーってこともあって日本代表が先行で始動し、野球のW杯も予選
が始まって、Jの開幕に勢いが感じられないように見えた・・・。ちょっと
寂しい雰囲気ですねぇ。

さてさて、そんな事はさておいて。今日のスタメン。
−−−−−−ワシ−−−−−−
−−−小野−−−−ポン−−−
アレ−−−−−−−−−−山田
−−−−ハセ−−鈴木−−−−
−−坪井−−闘莉−−堀之−−
−−−−−−都築−−−−−−
サブ:山岸、内舘、平川、相馬、永井、黒部、岡野

今年からベンチに7人まで入れるようになり、試合の流れにあった采配に
幅が広がるようになりました。新加入の相馬、黒部も早速ベンチ入り。
システムは3-6-1。開幕前から練習をしていた通りに、ワシントンを1TOPに
置き、小野、ポンテがシャドー。左にアレ、右にCup山田。3バックに坪井、
堀之内、闘莉王、GK都築。代表5人が全てスタメンに入ることとなった。

くしくも先週のZEROXと同じカードで開幕した今年のJリーグ。
その先週の試合と同じく、前半から浦和が攻勢をかける展開となった。
前半3分。右サイドでキープした山田が中央を見ながら縦に突破を図る。
ゴール中央、GKとの間にキレイに入ったボールに待っていたのは今年
加入したワシントン。これをワシントンが高い打点でキッチリ合わせ
先制する。これでペースが完全に浦和に流れた。
浦和は前線からボールホルダーへの寄せが早く、中盤をコンパクトに保ち
ながら囲い込み、人数をかけてのプレッシャーが徹底されていて、ガンバ
攻撃陣を自由にさせないどころか、前線へのボール運びまでもさせない守備
が目立っていた。これに対したガンバはDFラインからのロングボールを多用
し、裏に抜け出す中盤から前線の選手をターゲットに攻撃を図ろうとするが、
浦和DFの高さと速さの前に攻撃のリズムを作れない時間が続いた。

「チームとしての攻撃リズム」
浦和の中盤には小野を筆頭に長谷部、ポンテとキープ力に秀でた選手で構成
され、サイドにアレ、山田と縦、横に早いを配置しリズムが生まれ、ワシン
トンが楔となりポストとなり、最前線でのタメが生かされ、ワンタッチ、ツー
タッチでのパスワークがキレイにはまる。

対するガンバは4バックを引き、サイドに加地、家長と縦に早い選手を置き、
中盤の底の遠藤から左右に展開され、マグノをターゲットにフェルナンジーニョ
と二川がシャドーとなる展開がはまる。

先週の試合と違うのはガンバが対浦和用にフォーメーションを変更してきた事だ。
DFラインが4枚にする事によって、ワシントンに対してシジクレイがきっちりマン
マークをし、山口が一枚余る。サイドもマンマークに近い形でディフェンスが入っ
ていた事だ。これで浦和が2トップだったら展開はまた違ったものになっていたのか
もしれない。しかし、ガンバの中盤が3ボランチ気味の布陣だった為に、浦和のWBの
裏のスペースを上手く使われずに済んでいた。これがダイヤモンド型のSHを置く形
だったら、サイドを上手いこと使われ慌てて戻る絵が目に浮かぶ・・・。

後半25分試合が動く。中盤底からの徹底したガンバの攻撃に一瞬浦和のDFラインが乱
れる。前半から続いていたプレッシング壁と前のめりになったラインの裏に抜け出し
た加地が胸トラップを自分の左に落とすと、左足一閃。GK都築の手先を掠めるように
ゴールが決まった。1-1の同点。

その後試合は昨期の優勝争いを展開した同士、どちらに点が入ってもおかしくない攻防
が続き、啓太のミドルからGKファンブル後長谷部が詰めたのがゴール上にそれ、フェル
ナンジーニョのミドルがバーを叩き、どちらもあと一歩のところで詰めの悪いところが
出てしまった。そして同点のまま試合終了。
またしても浦和は開幕試合での白星なし・・・。

「1TOPの可能性と、2TOPへの移行」
ワシントンを1TOPとした布陣だと浦和の中盤を多く行かせるのが特徴だ。リズムを生む
小野を筆頭に、キープできるポンテ、ドリブルで仕掛けれる長谷部、ミドルの啓太。
ワシントンはターゲットになりながらも、中盤に下がったり、サイドに流れたり、裏に
抜け出したりと、多様な攻撃を生める選手であり、今の構成は非常にマッチしているよう
にも見えるが、ワシントンが抜けた後、永井が入った時に、中央で待っているターゲット
が居なくなってしまう。永井はサイドで生きる生粋のウインガーであり、中央で張ってい
るタイプではない。そんなシーンが何度か見られると2TOPへの移行も考えられる。
そこで黒部。サンガ、セレッソとポスト的な仕事をしてきた彼に、センターでターゲット
になり、サイドに流れた、永井やポンテからのクロスに入れるような仕事をしてもらいた
と思う。せっかく2枚残っていたカードを切らなかったのはちょっと残念だ。

| 浦和レッズ | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |
Comment
Comment on this entry









Trackback URL
http://redzone2nd.jugem.cc/trackback/152
Trackback